田中要次ブログ -BoBA BLoG-

田中要次 (BoBA) の日記ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

93歳の新人俳優『胡同の理髪師』

DSCF10332.jpg

下高井戸シネマ、ここに来たのは物凄く久しぶりだ、と思う…
以前に何を観に来たのかも、思い出せないぐらいなのだ。
明大前近辺に住んでいた頃でも、一番近い映画館だったんだけど、
新作を観に常に都心に出掛けていたから、いわゆる名画座まで来る必要がなかった。
でも、このところ新作を見逃してばかりの僕には、とてもありがたい映画館だよ。
上映スケジュールを見たら、気になる映画ばかりで困っちゃう~
10年前に閉館騒ぎになったんだけど、地元の商店街の熱意で存続してるんだよね。
今でも営業してくれてて、ありがとう!

DSCF10335.jpg

10:50からのモーニングショーで『胡同(フートン)の理髪師』を観た。
お世話になっている方から、以前に勧められていた映画だったんだ。
老人ながら見事なヒゲ剃りさばきを見せ、ドキュメンタリー映画かと思わせた
主人公の チン・クイ(靖奎) さんは、実は本物の現役の理髪師で、
93歳にしてこの映画の初主演を果たしたらしい。
この映画出演で "世界最高齢のアマチュア俳優"という肩書きを持ったんだとか。
チン爺さんの素敵な顔は、初めての演技とはいえ、揺るがない存在感を示していた。
映画に映る役者って、演技以前に醸し出すものが大切なんだなって思ったよ。
単純に言ってしまえば、フォトジェニックであるという事。
それは学習や研究から導き出されるものではなく、
その人自身の人生が顔にすでに刻まれてるものなんだ。
ましてや、本物には誰も敵いません。

そして、元々ドキュメンタリーを手掛けていたという ハスチョロー監督の
思わせぶりな演出を逆手にする技には、何度も笑わされてしまった。
ドリフのコントを真面目にやるとこうなりますって感じ?
静かだけど楽しめて心温まる、とても映画らしい映画でした。

そう言えば、木曽町のアスナロのよしゑさんに出逢って、92歳と聞いたばかり。
この符合に、ひょっとして、神か運命は僕に何かをしろと言っているのか?
タイトルは『木曽のお好み焼屋』?
ち、ちょっと違うなぁ…


『胡同(フートン)の理髪師』(原題: 剃頭匠 / THE OLD BARBER)は、
まだ国内5ヵ所の映画館で上映中のようです。お近くの方は是非!



entame_banner.jpg ◀◀ クリックして応援してね! boba57

| 鑑賞 | 19:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

凄く興味がわきました(^^)
早速私が住んでるところでの上映スケジュールチェックしなきゃ♪

| みか | 2008/07/04 22:00 | URL | ≫ EDIT

豊かに生きる。

予告編、拝見致しました。
涙が溢れました。
カミソリの髭を剃る音が心地良い。
チンお爺さん、素晴らしいですね。
「有名人も金持ちも人生は一度きり」心に沁みました。
胡同が経済発展や北京オリンピックのための再開発で
姿を消そうとしているそうですが残念です。
チンお爺さん、昨年来日されているんですね。
初めての海外日本のことをどう思われたんでしょうか。
私も豊かな人生を送りたいです。

うちの地域、残念ですが上映していません。
DVDを待つことに致します。

| ムウ | 2008/07/04 17:47 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

時々拝見させて頂いてましたが、私の好きな映画が取り上げられていたので嬉しくて書き込んじゃいます。
このお爺さんのこざっぱりとした暮らしっぷりが大好きで、あの街がオリンピックで壊されていくというのも何とも悲しいものでした。
ついでに、隣のポスターの『君のためなら千回でも』もオススメです。

| キョンコ | 2008/07/04 15:44 | URL |

人の心に残るのは

どんな映画なのか検索してみました。
シュールで哀しくておもしろい…
なるほど…と思わせる評価ばかりでした。
機会があったら観てみたいと思う作品です。
たまたま上野へ絵画を観てきましたが、
今は都会化の波で消えてしまったイタリアの風景が心に残っていました。
老境において、まだまだプロで更に現役。
そして生きてきた年輪の深さに魅せられる。
半世紀近い年上の先輩方に、BoBAさんが符合と感じられた事を
何かの形で観られたら…感無量でしょうね。
「○○(地名)のBoBA(職業か・笑)
「木曽のお好み焼き屋」さん、いいですね~。
名画座に足繁く通う「下高井戸のBoBAさん」が又をかし。

| リコ | 2008/07/04 08:41 | URL | ≫ EDIT

賢くなった

フートンってこんな字を書くんだったんだ。
北京オリンピックの再開発で、随分壊されたそうですね。
ところで、私は、どんな老人になるのかしら?

| ひま母 | 2008/07/03 20:32 | URL |

考えさせられる・・・。

かのアメリカジャズ界で、日本人で初めて殿堂入りした、敬愛するAさん。79歳でNYを拠点に世界を駆け回っています。
ご縁あって、四国にもよくいらっしゃいますが、ホンマに元気です。2010年は、ケープタウン、2014年はエジプトで演奏だとか・・・。
年齢って、ほとんど「参考」でしかないのでは。
「生き方」は、自分で創るんぢゃのぅ・・・。


| うっかり八兵衛 | 2008/07/03 20:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://babibox.blog78.fc2.com/tb.php/533-27b032f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。