田中要次ブログ -BoBA BLoG-

田中要次 (BoBA) の日記ブログ

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『インディー・ジョーンズ』かよ!

maje_2016_360.jpg

最近のクルマやバイクのエンジンキーはリモート型が主流ですが、
それが電池切れや故障などで作動出来ない時の対処法をご存知ですか?
数日前に愛車スクーターのメインスイッチが入らなくなり、
バッテリーを交換しても治らなかったので、ショップに問い合わせたら
「エマージェンシーモード」という手段を試して欲しいと言われた。
リモコンキーが効かない時に非常に面倒な裏ワザで
メインスイッチを作動させる方法があるらしいのだ。
シートタンクを10秒以内に3回開閉し、バザードランプの点滅回数をカウントしながら、
リモートキーの内部に記載されている6桁のシリアルナンバーを登録し、
メインスイッチを作動させられるのだという。
そんな方法がある事を購入して8年経ってから初めて知り、
それがまさか取扱説明書にもしっかり記載されていたとはね…

ところがそれを何度試しても先に進む事が出来ない…
再度ショップに連絡したら、これはリモコンキーが故障した場合のモードなので、
リモコンはオフにして欲しいとの指示。
それを聞いて逆の発想が生まれ、
もしかしたら、リモコンキーのバッテリーが弱まっているのが原因ではないかと閃いた。
早速、電池交換をしてみたら何て事はない、
スクーターは問題なくエンジンを作動する事が出来たのだった。
ショップの担当者から「最初にそれを試させるべきでした」と謝罪されたが、
リモコンキーの電波と車体はとても繊細に交信し合っている事を知ると共に、
まるで『インディ・ジョーンズ』に出て来そうな行為で
メインスイッチを入れる方法がある事を知ったのだった。

果たしていつか「エマージェンシーモード」で作動させる日が来るのだろうか?

| ハプニング | 11:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情けは己の為にあり - 正しい日本語

数年前に「役不足」の本当の意味を知って、
未だに間違って使っている人を見るとドキドキするようになってしまった。
後輩ならば、後から教えてあげられるのだが、先輩ともなるとさすがに言えない…

8/20放送の『池上彰が今伝えたいこと』を観て、
また実は間違って使われている日本語を幾つか知ったので、
ここにメモを残しておく。

おもむろに(徐に) = ゆっくりと(50代以下は半分が間違いだった)

情けは人のためならず = 情けは人のためだけでなく自分のためもなる

潮時 = ちょうどいい時期。ベストなタイミング(悲観的意味ではない)

檄 (ゲキ) をとばす = 自分の考えや主張を広く知らせて同意を求める(激励ではない)

姑息 = 一時しのぎ。(卑怯ではない)


若者言葉「とりま」 = とりあえず、まぁ

| 知識 BoBA Tube | 11:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |