FC2ブログ

田中要次ブログ -BoBA BLoG-

田中要次 (BoBA) の日記ブログ

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

確かにウンコだ、『監督・ばんざい!』

『監督・ばんざい!』には呼ばれなかったから、シカトしてやろうと思ったけど、チケットを貰ってたので勿体ないから観に行ったのさ。へへ~んだ!
ところで "しかと・する" の語源って知ってた?
花札の十月札に鹿が互いにそっぽを向いているところから、「鹿(しか)の十(とお)」「鹿十」が「しかと」になり、無視する意になったんだとさ。元々は博徒(ばくと)の隠語なんだって。辞書にも載ってたよ~。オイラてっきり、ここ近年の若者から生まれた現代用語かと思ってたよ~。
あらら、この映画を観たせいか、平気で話が脱線してしまってるよ。
ところで北野映画って、どういう訳か参加出来ないと悔しくなるし、どんな悪評が耳に入っても観たくなってしまうのは何でだろうな?

この映画、キタノ・タケシ監督が様々な映画を撮ろうとするものの、次々と頓挫していく物語だと聞いていたからさ、場内が暗くなって、とてもセンスのいいアニメが始まったので、随分と手が込んでるオープニングだなぁ~と思って観ていたら、それは『ルネッサンス』という次回の上映作品の予告編だったよ~。

この映画、まるでたけしさんがよくマイクに頭をぶつけるようなギャグの応酬だった。
失笑するオヤジギャグの連発を何度も見せ付けられてるような気がしちゃった。
でも色んな映画のテイストを撮ってみたかったとすれば、監督にとっては至福の作品だね。
或いは逆に監督は何をしたいのか本心で判らなくなって悶えてるとも思えたのさ。
僕も自分で監督した短編『窯岡刑事』では、やってみたかったシーンの羅列を夢と妄想オチの繰り返しで撮った事があるんだけど、この映画も北野監督のネタ帳のメモがそのまま具現化してるようなものに見えたな。あ、それって『TAKESHIS'』もそんな感じだったような…
コメディアン ビートたけしと映画監督 北野武は、まるでジキル博士とハイド氏のように二つの存在を組んず解れつ喘ぎ続けているのかな?

何だか『みんな~やってるか!』を観直したくなってしまった。
あの作品を観た時は監督のアナーキズムが素直に受け取れてたんだけどな~。
何か違う? 何が違う? 自分が違う?
北野武短編集とも受け取れるこの映画、頓挫を繰り返す作品の中にも面白いアイデアが盛り込まれていたので、途中で止めてしまうのが勿体ない気もしてしまった。
公式ガイドブックで本人曰く、「映画ってウンコみたいなもんだからね」と言ってたらしいんだけど、いやまさにウンコっぽかったっすよ。今日はたくさん溜まってましたねぇ~

それにしても、これだけ語らせてくれる映画って、もしかして凄くねぇ?

DSCF3324.jpg

見終わってロビーに出たら、都合が悪くなると出てくるタケシ人形が観客を出迎てたよ。

さぁ、北野監督、次はそろそろ真面目にやらないといけませんね。
今度は呼んで下さいますか? 「映画のたけし軍団だ」って言ってくれたじゃないですか~!?
忘れないで下さいよぉぉ~っ!

映画館から外に出ると、渋谷は何故かウンコの臭いが漂ってた。
こりゃあ~洒落が効いてるねぇ~…


entame_banner.jpg ◀◀ クリックして応援してね! boba57
スポンサーサイト

| 鑑賞 | 23:06 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |