FC2ブログ

田中要次ブログ -BoBA BLoG-

田中要次 (BoBA) の日記ブログ

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シンクロナイズド・ドリーミング

今日はCM撮影のリハーサル。
CM撮影で別日に芝居の稽古があるのは実に珍しい事だ。
演技をしていたら、マネージャーからダメ出しが入った。
「なんだかM社っぽくないのよね、BoBAさんの演技はC社っぽいの」
○社っぽい演技って何だ??? 妙な例え方をするよな…
それにしても…!
何かを言い掛けて、目が覚めた。

夢だった…

変な夢だったな~。ところで先日受けたCMオーディションの結果はどうなったんだろうか?
そう思いながら歯を磨いていると妻が
tsuma3「私、BoBAさんがCM決まったって夢見ちゃった」
bobaup43「えぇっ!何でぇ?」
と妙なリアクションを取ってしまった自分。

夫婦で頭並べて近しい夢を見ていたなんて…
あぁ、ここまで来たら夢で終わらないでくれぇ~!!


entame_banner.jpg ◀◀ クリックして応援してね! boba57

猫ブログ「ニャルホランド・ドライヴ」更新しました! tama02Susu03
スポンサーサイト

| 夢日記 | 23:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

障害を持ったイルカが見せる演技

前田哲監督の新作『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』の試写を観た。
この作品には出演していないが、彼とは『パコダテ人』(2002) 以来の付き合いになる。
この映画は沖縄美ら水族館にいる尾びれを壊死で失ったフジという名のイルカと人間の物語だ。
何よりも驚きなのが、尾びれを失った障害を持つイルカをフジ自身が演じているという事だ。
CGや作り物に頼らない本物の映像に敵うのものはない。

嘗て、事件の本人に自分自身を演じさせた映画があった。
アッバス・キアロスタミの『クローズ・アップ』(1990) という作品だ。
ドキュメンタリーとフィクションを交差させる事に於いては究極の手法だと思う。
しかし人間でさえ奇跡的だと言うのに、この作品ではイルカが自分の過去を演じているのだ。
そういう風に見えるように撮ってるんですよと言われたらそれまでだが、
フジがいる事で演じている俳優たちも皆リアルな人間として見えた。

障害を持っていなくとも、僕は水族館のイルカをとても尊敬している。
昔、しながわ水族館でイルカショーを水中窓から見て、涙しそうになった事がある。
近くで見ると彼らは意外にも傷だらけで、海よりも決して広くはなかろうプールで体を底面すれすれに体を捻っては水深以上のジャンプを見せて、観客を喜ばせているのだ。
そんな話を矢口史靖監督に話した事が『ウォーターボーイズ』(2001) の水族館訓練エピソードに繋がった事もあった。

こんな逞しいイルカの実話があったなんて今まで知らなかった。
この作品は何らかの障害を抱えて暮している人たちを勇気づける映画ではなかろうか?

前田哲監督自身はまるでコメディアンのような男であるが、
『ガキンチョ★ROCK』(2003) のまるでラストシーンのような情感の冒頭シーンに感銘してた僕は、この人はいつかシリアスな物語をやるべきだと思っていたのだが、
この作品を観て、それが実証されたと思えた。

今後の前田哲監督作品も期待である。
そしてまた参加出来る事を願う…


entame_banner.jpg ◀◀ クリックして応援してね! boba57

猫ブログ「ニャルホランド・ドライヴ」更新しました! tama02Susu03

| 鑑賞 | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |